たくさんの情報を収集する仕事

修正箇所がないかチェックする作業

完成したら校閲に進もう

校閲では間違っている部分を探すのはもちろんですが、表現を変えた方が良い部分がないか気にしてください。
この表現では、わかりにくいと思ったら変えてください。
誰が読んでもわかりやすい表現に変えると、読者に好まれます。
校閲が終わったら、本当に新聞が完成したと言えます。
新聞記者はこのように取材をして書いて、最後に見直しをするというたくさんの仕事があります。

文章能力がないと、校閲をしてもどこの部分が間違っているのか判断できません。
新聞記者を目指している人は、国語の勉強を済ませておくのがおすすめです。
早めに勉強を始めていれば、実際に新聞記者になった時に困りません。
文章を組み立てる能力を、伸ばしておきましょう。

締め切りより前に完成させよう

新聞を作成する期間は、決められています。
期間内に作成しないと、読者が新聞を読めません。
必ず締め切りまでに、完成させてください。
しかし締め切りの間近に完成させると。校閲する時間がなくなります。
校閲が適当になる可能性もあるので、締め切りの少し前までに完成させることを意識してください。
自分なりの締め切りを考えておくと良いですね。

実際の締め切りの、1週間ぐらい前がちょうど良いと思います。
そのぐらいに完成させていれば、ゆっくり校閲ができるので、問題点を見逃がしません。
取材を始めて、記事を書き始めたら締め切りに間に合うよう計画的に進めてください。
ダラダラと取材をしたり、記事を書いていると締め切りに間に合わなくなります。


TOPへ戻る