たくさんの情報を収集する仕事

新聞記者の仕事内容を知る

自分で文章を考えて書こう

新聞記者は、自分で文章を考えて掲載します。
書きたいニュースのネタがあったとしても、文章を作成する能力がなかったら新聞記者になれません。
新聞記者になりたい人は、文章を作成する能力を高めておきましょう。
書く時は、締め切りが決まっていることを忘れないでください。
必ず締め切りに間に合わせなければいけないので、すばやく構成を考えて、文章を作成できる人に向いています。

芸能ニュースや政治に関係するニュースなどがあって、オールジャンルを担当することは少ないです。
どれか1つに、ジャンルを絞るのがほとんどです。
自分がどのジャンルの新聞記者になりたいのか、事前に考えておきましょう。
そこの担当になりたいと、アピールしてください。

自分から取材に行こう

黙っていても、大きなニュースを得られません。
自分から探しに行かないと、新聞に記載できるような大きなニュースは見つからないでしょう。
誰かが、情報をくれるものではありません。
新聞記者が、自分の足で取材に行ってください。
たくさんの新聞社があるので、同じようなニュースをでは自分の新聞を読んでくれる人を増やせません。

他の新聞に書いていないような、特別なニューが必要です。
常に視野を広くして、ニュースに敏感になってください。
どこよりも早くニュースにできれば、読者が自分の書いた新聞を見てもらえます。
新聞の売り上げ枚数が増えると、嬉しく感じるでしょう。
もっと増やせるように、少しでも情報があったら訪れてみましょう。


TOPへ戻る