芸能ネタから時事ネタまで!取材のプロ「新聞記者」の仕事内容

たくさんの情報を収集する仕事

新聞記者の仕事内容を知る

芸能や政治など、様々なジャンルのニュースを読者に伝えることが仕事です。 誰かに、こんな記事を書けと命令されるわけではありません。 自分で取材に行って、情報収集をします。 どこの新聞社よりも早く情報を入手することで、自分の書いた新聞を大勢の読者に見てもらえます。

自分で写真撮影をしよう

新聞を作成する時には写真が必要になります。 それも取材と同じで、自分で撮影しに行かなければいけません。 常にカメラを持ち歩いて、シャッターチャンスを逃さないでください。 どうしても良い写真を撮影できなかった場合は、他の人から写真を借りることができます。

ニュースを読者に伝えよう

簡単に言えば情報を集めて新聞を作ることが、新聞記者の仕事になります。
部署によって、どのような情報を集めるのか
変わります。
芸能ニュースを扱う部署もあれば、政治、日本や世界各国で起こった事件を扱う部署もあります。
どの部署になるかは本人の希望と、適性を考慮します。
芸能のニュースを担当したいと思っている人は、アピールしましょう。
熱意を認めてもらえれば、芸能のニュース担当になれると思います。

新聞を作る時は、写真も必要です。
その写真は誰かに撮影してもらうのではなく、自分で撮影します。
綺麗に写真を撮れないと、新聞を作成する時に使えません。
すると文章だけで、読者に伝えなければいけません。
読みにくい新聞になると、読者が次第に離れてしまいます。
それでは、新聞の作成を続けることができません。
新聞記者は、綺麗な写真を撮って掲載することも仕事だと覚えておきましょう。
まれに他の人が撮影した写真を、新聞に使う時はります。
その時は無断で使用するのではなく、許可を取りましょう。

完成したら、それで仕事が終了ではありません。
間違っている部分がないか、確認することも仕事に含まれています。
必ず自分で、見直しをしてください。
その作業を業界では、校閲と呼んでいます。
文章が間違ったまま新聞が配布されると、読者は間違った情報を認識してしまいます。
非常に迷惑なので、校閲を怠らないでください。
締め切りより早く完成すれば、ゆっくり校閲ができます。

修正箇所がないかチェックする作業

頑張って新聞が完成したら。それだけで満足する人が見られます。 ですが新聞記者の仕事は、それだけでは終わりません。 見直しをして、間違っている部分がなかったら本当に終わりになります。 見直しを校閲と呼びます。 校閲を省くと、間違った状態の新聞が発刊されてしまいます。

TOPへ戻る